最新作業内容がメーカー別で閲覧できるようになりました。
NEW 最新作業内容がメーカー別で閲覧できるようになりました。

ハイエース スピーカー交換&アウターバッフル加工

P1220891_R.JPG

 

今回のハイエースは、この足元にセットされている純正スピーカーを・・・

 

P1220893_R.JPG

 

30cmほど上部に上げ、アウターバッフルを製作していきます手(グー)

ハイエースのスピーカー・・・純正位置ではかなり不利なんです・・・あせあせ(飛び散る汗)

いくら100%発揮させたとしても、このように足元では音場が上に上がってきません・・・

 

P1220895_R.JPG

P1220896_R.JPG

 

異形なインナーバッフルを製作し、裏側に制振、防雨処理を先に行います

 

P1220897_R.JPG

 

鉄板側もスピーカーの背圧が当たる部分は容赦なくカットダッシュ(走り出すさま)

新車なんですが、ここは思い切って・・・わーい(嬉しい顔)

 

P1220898_R.JPG

 

カット後は、もちろん錆止めを塗りこんでいきます手(グー)

 

P1220899_R.JPG

 

そして純正スピーカーの取り外しわーい(嬉しい顔)

ほんとびっくりするくらい高級なスピーカーがセットされていますわーい(嬉しい顔)

 

P1220901_R.JPG

 

もう必要ないスピーカーなんで、オーナーさん!未練ないっすよねわーい(嬉しい顔)

 

P1220903_R.JPG

 

でインナーバッフルをドアにセット!

ちょうど膝の位置くらいまで上がるので、かなり期待できまするんるん

 

P1220905_R.JPG

 

隙間にはパテを盛り密着度の高い立体的なバッフルに仕上げ

すべての土台になるので、ここはしっかりと固定します手(グー)

 

P1522670913_R (4).JPG

 

そしてここからスーパーデッドニング施工で一気に剛性をあげていきます手(チョキ)

 

P1522670913_R (6).JPG

 

アウターパネル全体にマットを貼りつめていき

 

P1522670913_R (9).JPG

P1522670913_R (7).JPG

 

ビーム部分にはボンドを注入し、アウターパネルと一体させ強化していきます手(グー)

スピーカー背圧の共振を止めることにより、音をしっかり前に飛ばしまするんるん

 

P152ghy (2).JPG

 

今回もスーパーデッドニングなのでインナーパネルは全面貼りです。

180℃の熱風であぶっていきドアパネルに密着させていくんですが・・・

本日かなり天気がよく、ほぼ夏日あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)汗がダラダラとたらーっ(汗)大変でしたね〜〜〜わーい(嬉しい顔)

 

ふ〜〜〜〜ダッシュ(走り出すさま)

 

とも言ってられないので手(グー)右側!頑張っていきます手(グー)