最新作業内容がメーカー別で閲覧できるようになりました。
NEW 最新作業内容がメーカー別で閲覧できるようになりました。

ハイエース 一体型ウーハーBOX

画像 1622214237.jpg

 

ハイエースのウーハーBOXパネル

かなり順調よく進んでますわーい(嬉しい顔)

 

画像 1622214240.jpg

 

3次元パネルにして、BOXにぴったりセットできるように設計しています手(チョキ)

3面をパッパッパッ手(パー)って貼り付けるイメージが強く、簡単におもわれがちなんですが

そんな素人作業はしません手(チョキ)

AS−DESIGNならではのクオリティーの高いBOXパネル仕上げです

 

画像 1622214243.jpg

 

もちろんレザーも1枚仕上げで貼っていきます。

 

画像 1622214244.jpg

 

ねっグッド(上向き矢印) クオリティー高いでしょ手(チョキ)

パネルの継ぎ目が見える角って・・・イケてないでしょグッド(上向き矢印)

まさに プロの技ぴかぴか(新しい) 

今回はブラックXグレーの大人仕様に仕上げていきます。

ハイエース!!LEDテクニック!!

画像 1622214234.jpg

 

ハイエースのアンプパネル製作

ルーターを使い、窓を開けているだけ・・・と思いがちですが・・・

 

実は・・・

 

画像 1622214235.jpg

 

裏はこんな加工が施されていますひらめき

LEDのラインを綺麗に出すのに、外周を1段落しています手(チョキ)

この段にLEDをセットし光源を強調させているんですよわーい(嬉しい顔)

配線の溝もしっかりといれて、凄まじい裏方の仕事

AS−DESIGNのテクニックですなぴかぴか(新しい)

 

DIY(素人)にはできない技ですねグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

 

そうそうそうそうそうそうそうそう・・・・・・・

ハイエース DLSウーハーBOX

画像 1622214232.jpg

 

DLS RW6 16cmサブウーハーの専用BOX

2発で 18L と小容量のエンクロージャーで鳴らせまするんるんるんるん

 

画像 1622214233.jpg 

 

バスレフポートも専用ポートがセットされ、

キレのいい低音がGETできます手(グー)

今回、ポートは音圧を稼ぐためにウーハーと同じ面にセット

横並びにすると結構ギリギリですねあせあせ(飛び散る汗)

 

画像 1622214236.jpg

 

アンプラックをサイドにセットし、一体型のパネルを製作していきます手(チョキ)

RCAのピンケーブルも計ったかのようにギリギリでしたわーい(嬉しい顔)

おーーーーーー危ねーーーーーーあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

良かった良かった手(チョキ)手(チョキ)

強烈!4発のサブウーハー ハイエース編

画像 1622214230.jpg

 

ハイエースのベッド下ウーハーBOX製作

カーペットをがっつりカットし、土台をしっかりセット手(チョキ)

18Lの規定容量で、ちょいっと床上げしてBOXを作っていきます。

ワイドボディーなので、余裕かましていたのですが・・・

バスレフのポートを入れるとかなりのサイズにexclamation&question

 

画像 1622214231.jpg

 

っと先にアンプラックを製作し、スペースを確保手(グー)

 

4発横並び、結構ギリギリやな・・・あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

ハイエースワイド DLSウーハー取付

画像 1622214227.jpg

 

またまたハイエースが入庫しました。

今回はワイドボディーです。

以前にDIATONEナビをセットしたHI-FIオーディオカーるんるん

 

画像 1622214229.jpg

 

DLSアンプ、スピーカーもセット済みだったんですが、今回は仕上げのウーハー取付

 

画像 1622214228.jpg

 

リアシートのベット下にDLS RW6を2セットexclamation×2 計4発ブチ込みますexclamation×2

もちろんアンプもアクリル仕様でLEDもセットします。

16cmの歯切れのいい低音がプラスされ更なるパワーUPを計ります手(チョキ)

 

フロントスピーカーの負担が減り、鳴りっぷりも変わるやろなぁ・・・るんるんるんるん