最新作業内容がメーカー別で閲覧できるようになりました。
NEW 最新作業内容がメーカー別で閲覧できるようになりました。

これってあり??プリウス バッフル編

画像 12b004 (2).jpg

 

プリウスのフロントスピーカー交換作業

まずはインナーバッフルから製作していくんですが・・・

 

ご覧の通りこんな状態でセットされていましたがく〜(落胆した顔)

他店で元々スピーカーを交換

先日デッドニング施工時に判明していたことなんですけど・・・

なんと

スピーカーを取ると・・・

 

画像 12b004 (1).jpg

 

これバッフルではありませんあせあせ(飛び散る汗)

純正スピーカーの表面を破り

 無理やりバッフル仕様

枠だけ使っている状態もうやだ〜(悲しい顔)

 

画像 12b004 (3).jpg

 

凄まじい取り付け方!!

ある意味 凄いグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

 

素人さんでも既製品のインナーバッフル使うのに・・・

これでイッパシの工賃を取っている気がしれません・・・

 

オーナーさまも 見えない部分 で全然わからなかったバッド(下向き矢印)っとため息

教えてあげたこっちが申し訳ないくらいでしたふらふら

 

ってなわけで今回フロント周りは完全リメイク!!

 

画像 12b004 (4).jpg

 

しっかりしたインナーバッフル、リングバッフルを型に合わせ製作していきます。

 

画像 12b004 (5).jpg

 

アウターバッフルももっとセンスよくカット手(チョキ)

 

画像 12b004 (6).jpg

 

アウターはやっぱこうでなきゃぴかぴか(新しい)

 

画像 12b004 (7).jpg

 

アウターパネルに合わせて、インナーリングの位置決めをしていきます。

インナーバッフルのセンターをずらし、アウター開口のセンターにセット

 

やはり見せるスピーカーは楕円より  の方がしっくりきますよねグッド(上向き矢印)

 

プリウス アウターバッフル加工

画像 b004.jpg

 

プリウスがまたまた入庫しました。

先日、スーパーデッドニングを施工した車輌です。

 

画像 b004 (1).jpg

 

他店で、パイオニアのスピーカー交換、アウター加工を施工されていたのですが

どうせならDLSのユニットに交換し、アウターバッフルももっと格好よくしたいぴかぴか(新しい)

っと早速、再施工のご依頼を頂きました手(チョキ)

 

スピーカーは、DLSハイエンドクラスのゴティア6.2

 

Gothia62.jpg

 

当店デモカー R35にセットされているユニットです。

 

後々、アンプも入れて妥協のないサウンドに仕上げていく予定手(グー)

 

 

 

このペースやったらステップアップも早そう・・・わーい(嬉しい顔)

とりあえずはフロントスピーカーを完成させていきまーーーす手(チョキ)

 

今回は、ツイーター埋め込み、アウターバッフル アクリルLED仕様の大人気プラン

 

お楽しみにひらめき

 

プリウス スーパーデッドニング!

画像 0133 (5).jpg

 

プリウスのスーパーデッドニング

 

画像 0133 (7).jpg

 

配線も元通りにワイヤリング

頑丈なドアが仕上がりました手(チョキ)

これぞスーパーデッドニング

 

画像 0133 (10).jpg

 

インナーのマットやダンピングマットの分が重くなったのですが、

その分格段に剛性がUP手(グー)

ドアはスピーカーが発揮できる状態です。

現時点でもだいぶ引き締まった音に変身しましたよ。

 

後は、スピーカーと肝心なインナーバッフルをなんとかしたいですね・・・わーい(嬉しい顔)

 

それぞれのデッドニング施工 プリウス

画像 033.jpg

 

スーパーデッドニング施工でお預かりしたプリウス

早速、内張りを取り外すと・・・

 

毎度のアルミブチル??

っと思いきや、普通のアルミテープで塞がれてましたもうやだ〜(悲しい顔)

アルミだけのアルミテープ!!

ある意味、剥がす手間がはぶけてたんですが・・・

これデッドニング??

 

そして、気になるアウターパネル

 

画像 0133 (1).jpg

 

WAH!! 吸音材がびっしり!!

 

画像 0133 (2).jpg

 

吸音材の裏はデッドニングもされておらず、制振どころか防振もされていませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

 

色々なデッドニングのやり方があるんやな・・・

まぁーーお店によってそれぞれ違いますからねたらーっ(汗)

 

当店のデッドニング施工はアスファルト系のマットを使用しドアを強化し剛性を上げて

ドア全体をBOXにしていくデッドニングのやり方です。

 

ということで、すべて剥がして再デッドニング

インナーパネルに関してはDLSダンピングマットを使用しスーパーデッドニングに変更します。

 

画像 0133 (3).jpg

 

まずはアウターパネルのデッドニング

外への音漏れを防ぐ為にも、ビーム(補強バー)を交わし、

隅から隅まで入念にオリジナルマットを貼っていきます。

これで鉄板にも厚みが出て強度もUP

 

画像 0133 (6).jpg

 

そして剛性を上げる為に欠かせない作業 

シリコンボンドでアウターパネルとビームを一体化します。

 

これをするのとしないのでは、音に差が出まくり!!

かなり強化されたドアに変身しますよ!!

 

画像 0133 (5).jpg

 

そして、インナーパネルのスーパーデッドニング

内張りをセットすると目に見えない部分ですが、最終  として現われてくる重要な作業

しっかりと密着させていきます。

 

これが スーパーデッドニング って言うんですよ!!

サービスホールを覆うのはやはりアスファルト系のマットがオススメ

 

これで引き絞まったタイトな音に変身し、響きもよくなり、しっかりした低音も出ますよわーい(嬉しい顔)

プリウス スーパーデッドニング

画像 382.jpg

 

大人気プリウスが入庫

愛知県からのご新規様ぴかぴか(新しい)

以前からブログを拝見して頂いてたみたいです。

細かいところまで写真を載せ、きっちりと作業工程が見れて安心できるので 是非!! 

っとご来店頂きました。

最高の褒め言葉るんるん 嬉しいですねーーーるんるん 

知らない間に隠れファンが増殖中グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

感謝!!感謝!!

 

画像 383.jpg

 

今回はスーパーデッドニングの作業

現状、他店でスピーカーを交換、アウターももちろん

デッドニングもされているみたいなんですが、

いまいち不満・・・  っと再施工の依頼を頂きました。

 

画像 384.jpg

 

スピーカーもどうせならDLSをセットしたい!!

っと、ステップアップのお話もわーい(嬉しい顔)

 

まぁーーーまぁーーー焦らずにわーい(嬉しい顔)

まずはスーパーデッドニングからやっちゃいましょう手(チョキ)

 

って、お盆のラッシュダッシュ(走り出すさま) 愛知県まで時間通り帰れたんかな・・・グッド(上向き矢印)