最新作業内容がメーカー別で閲覧できるようになりました。
NEW 最新作業内容がメーカー別で閲覧できるようになりました。

最高旧車なラルゴ(最高級車)

画像 886o8.jpg

 

またまたアルテスタイル(旧車カスタム)のバットマンラルゴが入庫

 

画像 886o8 (1).jpg

 

激デカの19インチフリップダウンモニターとキャパシターの取り付けでお預かり

 

画像 886o8 (6).jpg

 

SOUNDSTREAMの電圧計付きキャパシター

最終、カバーがセットされるとNOSタンクに変身します。

 

画像 886o8 (2).jpg

 

しかし!!フリップダウン デカすぎ!!

7インチとは比べ物にならないデカさがく〜(落胆した顔)

 

重たくて一人でセットするのに難儀しました。

3回ほど位置決めするのに脱着し、腕はパンパンあせあせ(飛び散る汗)

 

画像 886o8 (3).jpg

 

もともとフリップがセットされていたので、土台と共にがっちり固定できました。

天井に残っていた跡形も隠れたのでよかったよかった手(チョキ)

 

画像 886o8 (4).jpg

 

そして引き続きキャパシターのセットへ

土台パネルを作っていきます。

形は、バットマン風に・・・ っと

 

画像 886o8 (5).jpg

 

くびれを付けただけなんですけどねわーい(嬉しい顔)

バットマンってほどでもないみたい??

 

そして角をRにカットし、ブルーのレザーで仕上げます。

 

画像 886o8 (7).jpg

 

この上に・・・

 

画像 886o8 (8).jpg

 

こんな感じにキャパがセットされます。

メッキとブルーが似合ってますねーーーぴかぴか(新しい)

さすがバットマンラルゴ手(チョキ)

細かい部分までこだわりまくってますよーーー!!

 

16アリスト お手軽ウーハー交換 

画像 a00231 (66).jpg

 

16アリストのウーハー交換作業

仕上がったバッフルにウーハーをセットし、リアトレイにボルトオン手(チョキ)

深さのあるJLオーディオのウーハーでも問題なくセットできました。

 

画像 a00231 (67).jpg

 

トランク側から見るとこんな感じです。

少々大きなマグネットでもいけそうですねわーい(嬉しい顔)

トランク自体がBOXになるのでほとんどフリーエアー状態

純正アンプであればシールド用のウーハーでも十分に鳴りますね手(チョキ)

これでべコベコ鳴る心配もなく、しっかりした重低音が復活です。

 

画像 a00231 (68).jpg

 

リアトレイをセットすれば見た目は純正ぴかぴか(新しい)

 

ですが、純正ウーハー以上の重低音が鳴り響いてます。

作業も2、3日で施工可能なので16アリストのオーナーさまにはオススメです手(チョキ)

 

画像 a00231 (69).jpg

 

16アリスト お手軽ウーハー交換 

へなちょこ純正ウーハーとおさらばしませんかグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

ムラーノ リアモニター加工

画像 0669 (1).jpg

 

ムラーノのリアゲートパネル

ファイバーで一体させパテも最終段階にまで仕上がりました。

 

画像 0669 (2).jpg

 

フィニッシュはレザー仕様なので、丁寧に下処理をします。

 

画像 0669 (4).jpg

 

そして仕上げレザーわーい(嬉しい顔)

ヒートガンで伸ばしながら貼っていきます。

リアラゲッジと同色のベージュ

 

画像 0669.jpg

 

仮固定ですが、モニターがセットされればこんな感じに手(チョキ)

早く組みたいですが、サイド部分のアクリル、LEDをセットしていきまーーーす手(チョキ)

 

16アリスト 純正ウーハー交換

画像 a00231 (69).jpg

 

16アリストが入庫しました。

弱点でもあるリアトレイのウーハー交換作業でお預かりです。

 

画像 a00231 (57).jpg

 

早速、リアシートを外し純正ウーハーを取り外しました。

リアトレイだけを外せたらいいのですが、そう簡単にはいきませんよ!!

セダン系は構造上仕方ないかもグッド(上向き矢印)

ある意味作業はしやすいですねわーい(嬉しい顔)

 

画像 a00231 (59).jpg

 

そして取り外した純正ウーハー

やはり毎度のごとくエッジがこんな状態ですもうやだ〜(悲しい顔)

ほぼ一周でした・・・

今まで16アリストの純正ウーハーを見ましたが、ほとんどこんな状態

ほんまにヘコヘコスピーカーやなふらふら

 

画像 a00231 (61).jpg

 

ってなわけで、強力なウーハーに変更

DLSのフリーエアーウーハー OA10が生産終了により

今回はJLオーディオのウーハーをチョイス

コーンの素材やエッジも強く、バッフルを製作すれば問題なくセットできます。

奥行きも倍以上にありますが、余裕で入っちゃいますよ手(チョキ)

 

画像 a00231 (64).jpg

 

純正ウーハーを元にバッフルを製作し

 

画像 a00231 (65).jpg

 

アロマテックス(制振材)で表面処理

フロントスピーカーのバッフル同様に仕上げていきます手(チョキ)

 

明日には仕上がりそうやなわーい(嬉しい顔)

 

お任せください!!16アリストの純正ウーハー交換!!

 

有害!!ファイバー樹脂!!

画像 a00231 (45).jpg

 

またまたバットマンラルゴの登場!!

以前製作した助手席前バットマンパネルをマットブラックに仕様変更

 

そして

画像 a00231 (46).jpg

 

センタースピーカーパネルを再施工

他店で製作されていたのですが、ファイバー樹脂施工がされていなく

ヒビ割れがひどい状態でした・・・

 

画像 a00231 (48).jpg

 

早速、表面を削ってみたのですがやはり樹脂が塗られていませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

表面に膜を作るだけやのに・・・なんで塗ってないんやろか??

 

ってなわけで

 

画像 a00231 (49).jpg

 

ファイバー樹脂を塗り膜を作っていきます。

MDFとパテの境目にクラックがはいっていたので、重ね塗りをして

さらに膜厚を作っていきます。

 

画像 a00231 (50).jpg

 

写真では伝わりませんが、強烈な匂いを発しています・・・

色からして有害っぽいでしょグッド(上向き矢印)

 

画像 5060.jpg

 

固まればべっ甲飴状態になりますわーい(嬉しい顔)

みるからにガチガチ。少々じゃこの塊、割れないですよ。

 

これで強化された膜が仕上がりますねーーーわーい(嬉しい顔)