最新作業内容がメーカー別で閲覧できるようになりました。
NEW 最新作業内容がメーカー別で閲覧できるようになりました。

バットマンラルゴ フロントドアカスタム

画像 37181.jpg

 

K社長のバットマンラルゴ

無事、フロントドアが完成しました

 

画像 002.jpg

 

このパネル部分は以前、当店で施工済み

オーナーさまも絶賛!!すごく気にいってもらっていますわーい(嬉しい顔)

 

画像 37185.jpg

 

アウターバッフルは偶然にも、ロックフォードのグリルがほぼビンゴ

外形に関しては無加工でセットできましたが

スピーカー内径がアルパインに比べ若干大きかったので、

ベースとなるリングを製作し、ルーターで加工し広げました。

ロックフォードT2652もがっちり固定され、最高のドアが完成!!

バッフル土台や、ドア全体がかなり強度UPしたのでスピーカーは最高の状態です手(チョキ)

早く鳴らしたいんですが、アンプの入れ替えや、ツイーターがまだなので我慢・・・我慢・・・

 

さきにアンプの入れ替えしようかなるんるん

 

 

 

 

 

 

ドア強化 スーパーデッドニング ラルゴ編

画像 37168.jpg

 

只今、ドア強化 再施工中のバットマンラルゴ

もともとアルミシートでデッドニングされていたのですが、さらに強化UP

ということで、すべて剥がして再デッドニング

AS-DESIGNお得意のDLSダンピングマットを使用しスーパーデッドニングに変更します。

このアルミシート剥がすのにちょいっと勇気がいる作業

ブチル剥がすのに大変やな・・・

 

でもすべては ドア強化 のため

気合入れ施工開始手(グー)

 

画像 37171.jpg

 

めくると上下2本のビーム(骨)が出現!!

アウターパネルはデッドニングされていたので、ビームにいつものシリコンボンドを注入

 

画像 37170.jpg

 

ビームと一体化したことによりパネルのビビリもなくなり、制振効果はバツグンにUP

狭い部分も指で詰めていきましたよ!!

乾けばドアはガチガチになり

外からパネルをコツコツと叩けばその強度さが手に取るようにわかりますよ。

楽しみですな・・・わーい(嬉しい顔)

 

っと、ひたってもおられず、ブチルの除去へ・・・

 

画像 37174.jpg

 

地道にスクレパーを使い、じみちにブチルを除去

(この画像で約3分の1くらいです)

先が長く、険しい道のりダッシュ(走り出すさま)

ブチルが残っているとマットの密着が悪くなるので、できるだけ時間をかけて剥がしましたよあせあせ(飛び散る汗)

 

そして、ようやくデッドニング

この地点で昨日11時半くらいやったかな・・・

ちょいっと眠気も襲ってきたのですが、ヒートガンの暑さで眠気もぶっ飛びました。

画像 37175.jpg

 

内張りをセットすると目に見えない部分ですが、最終  として現われてくる重要な作業

しっかりと密着させていきます。

アルミシートより厚みのあるDLSダンピングマット

 

画像 37177.jpg

 

アルミシート 0.8mmに対し、DLSダンピングマットは2.3mm 

アルミシートはべコベコし、とても貧弱

サービスホールを覆うのはやはりアスファルト系のマットがオススメです。

これで引き絞まったタイトな音に変身し、響きもよくなり、しっかりした低音も出ますよわーい(嬉しい顔)

 

画像 37178.jpg

 

今回アウターバッフルとの兼ね合いで、インナーバッフル周りはそのままにし、バッフルをセット

マットの厚みで、アウターパネルと内張りに隙間ができてしまうので、現状のオフセットをキープ

バッフルもおNEWになったので一度、内張りをアウターと仮組みし、オフセットを確認!

そして、アロマテックスを数回重ね塗りし、制振効果をさらにアップさせました。

 

これで凄まじく剛性のいいドアが完成手(グー)

はやくミッドをセットし鳴らしたいです・・・

かなりの強化もできたのでユニットの能力が100%発揮できますね手(チョキ)

 

デッドニング作業はやはり大事な部分

 

仕上がると、目に見えない部分でもあり

 

ごまかすこともできます・・・

 

手をぬくこともできます・・・

 

ですが

 

やはり仕上がってくる  でわかります。

 

今回のように他店でデッドニング施工をされ、納得できず、当店へご来店されるケースも多々・・・

 

ドア内部を拝見すると 

 

やはり

 

凄まじく、手を抜かれているパターンが多い!!

 

お店によって施工の仕方も違うし、ノウハウも違うのはわかります・・・

うちのデッドニングはこのやり方 と言われればおしまいです・・・

 

ですが、ユーザー様が納得できていなければやはり意味がない!!

 

本来のデッドニングとは、デッドニングをすることだけではないんです

スピーカーを100%発揮させ、劇的にスピーカー本来が持つポテンシャルを上げること

 

だと AS−DESIGNは思い続けています。

 

なーんてっ 坊主が言っても説得力がないかな??ひらめき

 

長年の経験が あなた のお役にたてれば幸いです。 

ラルゴ バッフル製作

画像 371249.jpg

 

ユニットの入れ替え作業で入庫しているバットマンラルゴ

ミッドももちろん入れ替えします。

ピラー同様アウターバッフルも他店で製作され、いい感じに仕上がっています

 

が・・・

 

画像 37154.jpg

 

インナー側が、いかんともしがたい状態・・・

バッフルの内径に対して鉄板側の径が小さく、ヌケ がとても悪い状況

バッフルも黒のスプレーで仕上げられて、制振どころか防水、防腐対策もできていなく

スピーカーにとってすごく不利ふらふら

 

オーナーさまにも確認してもらい、不利な状況を説明

 うれしいことにオーナーさまも知識のある方で、すぐに理解して頂きました手(チョキ)

 

 今以上にドアの剛性をよくして

スピーカーが発揮できる状態にしてほしい!!と

さっそく再施工開始!!

 

画像 37156.jpg

 

ロックフォードのミッドに合わせ、ルーターで専用バッフルを製作

以前のバッフルよりも太いリングにして強度もUPさせています。

今回このラルゴ、内張りの深さが左右で異なり

アウター化することによって、インナーバッフルの厚みが変わる仕様

片側が若干薄く、強度のことを考え今回テーパー処理はあえておこなわず、

 

画像 37157.jpg

 

アロマテックスを塗り制振、防水、防腐処理

頑丈なインナーバッフルが仕上がりました。

 

画像 37169.jpg

 

そして、重要な鉄板の開口部分

エアーソーでちょっとずつちょっとずつカットしていき・・・

 

画像 37173.jpg

 

理想の土台に仕上がりました手(チョキ)

スピーカーにとってものすごく重要な背圧の部分

ヌケがよくなったことにより、スピーカーが負荷なく再生できる状態になりました

これで低域も大幅にアップしますね!鳴りっぷりが楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バットマンラルゴ ピラー埋め込み加工

はい!!ツイーター埋め込み完成!!

 

画像 37138.jpg

 

ってのは、大嘘 わーい(嬉しい顔)

 

只今 入庫しているバットマンラルゴのピラー

現状は、アルパインのZ17PROがセットされ、埋め込み加工もこの通り施されています。

 

 今回 お持込で

 

画像 37148.jpg

 

ロックフォードのT2652に交換します。

オーナーさんは大のアメリカンサウンド好き!

ついでにアンプもBOSTONに変更し、とことん追求していきます。

 

他店で、製作されていたピラーで

見た目は、パリッとしていたのですが、土台がずさんすぎる!!

レザーを剥がすとこんな状態

 

画像 37147.jpg

 

ほぼ土台リングが無い状態で、むちゃ付けもいいところ・・・

こりゃーーーいかん!!

 

ってなわけで、きっちり合う土台リングを接合していきまーーす。

っとその前に

パテが密着するようにボンドを 約3時間 かけて剥離

楽して、削ってしまうと熱で逆にベタベタ状態・・・

ピラーの樹脂の事を考えるとシンナーも使えず・・・

じみちにぺタペタとガムテープで剥がしていきましたもうやだ〜(悲しい顔)

1から作った方が早かったかも??

 

そして肝心なリング製作

 

画像 37150.jpg

 

ぴったり合うロックフォード専用のリングを作って埋め込みします

ツイーターもスピーカーですからね!!

しっかりとした土台が必要です!!

 

画像 37151.jpg

 

いつも使用するDLS用の樹脂リングもやはりサイズが合わず、一からの製作です。

約5cmほどのリングなので、慎重に・・・慎重にカット

めっちゃビンゴするリングが仕上がりました。

 

画像 37149.jpg 

 

そして、へなちょこな土台を削り落とし、新たな土台を接合し、パテで成形していきます。

 

画像 37153.jpg

 

やっぱりピラーはこうでなくっちゃ手(チョキ)

 

 

10ハリアー パネル加工 ナビ取り付け

画像 371413.jpg

 

只今 お預かりしている10ハリアー

ナビ取り付け不可能!!と言われている純正マルチ付き車に2DINナビをセット

純正マルチ画面を移設し、ナビ本体をブチ込んでいきまーーーす!!手(グー)

マルチ画面が取り外せたらいいんですが、エアコンが表示されるので外せないんですね・・・

まぁーー毎度のこと!画面移設は慣れっこなのでまずは時間のかかるパネル加工からいきまーす。

 

画像 37134.jpg

 

まずは、しっかりナビを固定

オリジナル専用ステーを製作し、車輌ときっちり平行になるようにセットしていきます。

パネル製作にもかかわってくる基礎の部分なのでズレのないようにしっかり固定していきます。

画像 37133.jpg

 

勢いよくカットした純正マルチパネル

やっぱりこの位置が見やすいですねわーい(嬉しい顔)

やっかいな移設配線の作業が後で待っていますが・・・

後のことは考えずにガツガツとパネルを作っていきます。

 

画像 37136.jpg

 

パネルは、MDFをベースにパテとファイバーで製作

最終 ペイントで仕上げていきます。

 

画像 37137.jpg

 

先ほどのベースにパテを盛り、盛り・・・盛り、盛り・・・

 

まだまだ先は長いかな??