最新作業内容がメーカー別で閲覧できるようになりました。
NEW 最新作業内容がメーカー別で閲覧できるようになりました。

相変わらずのヘナヘナ純正スピーカー GT-R

画像 350.jpg

 

R35 GT-Rのドアの中身!!

がっぽり 口が・・・がく〜(落胆した顔)

軽量化のことを考えこのような設計にしているとは思うんですが、

もうちょっとスピーカーのことを考えて剛性UPもほしいところ・・・

 

画像 349.jpg

 

って、この純正ヘナヘナスピーカーじゃーそこまで考えへんわな・・・

もう少しくらいいいスピーカーをセットしてもよさそうなクラスの車やのにな・・・

 

って毎回言ってますねフリーダイヤル

 

まぁーーこんな純正スピーカーとはおさらば手(パー)

DLS R6Aをセットしていきます。

 

画像 353.jpg

 

GT-R用のジグを使い、バッフルを製作していきます。

16cmのミッドがしっかり鳴る剛性のいい土台に仕上げます。

 

画像 357.jpg

 

30mmの強度のあるスピーカー土台

 

画像 355.jpg

 

制振材のアロマテックスを塗り、さらに強度のあるバッフルに変身

防腐、防雨も兼ねているので丁寧に仕上げていきます。

 

 

 

今回のドア制振もDLSダンピングマットを使用した

 

スーパーデッドニング仕様

 

キレのいいレスポンスあるサウンドに大変身しますよ手(チョキ)

仕上がりが楽しみです。

 

 

R35 フロントスピーカー交換 第一章

画像 347.jpg

 

只今 お預かりしているR35 GT-R 

フロントスピーカー交換の作業です。

 

画像 348.jpg

 

ツイーターも純正ミラー裏に埋め込み加工します!!

好評のいい純正風に仕上げていきます。

 

画像 351.jpg

 

ツイーターリングを角度を決めてセット

ダッシュ上に音場が広がるように入念に計算しています手(チョキ)

 

画像 352.jpg

 

そしてお得意のパテ成形

自然なラインに仕上げていきます。

 

天気もガンガンいいので乾くのも早いですよ晴れ

なんなら成形している途中に乾きそうな勢いあせあせ(飛び散る汗)

 

おかげさまで木工室はサウナ状態・・・

 

暑い・・・ふらふら

R35 GT−R DLS スピーカー交換 R35 GT−R DLS スピーカー交換

画像 345.jpg 

 

R35 GT−Rが入庫!!


フロントスピーカー交換でお預かりしました。

スピーカーはDLS R6A

そして、ツイーター埋め込み+スーパーデッドニング施工 の

R35 GT-Rフロントスピーカー交換 音質アッププランです。

 

画像 346.jpg  

 

なんと!!オーナーさまはもう一台R35を所有されているあの方!!

あの!!チューンされた・・・ 

 

っとこれくらいにしておきますねわーい(嬉しい顔)

以前にも同プランを組まれ、すごく気に入っていただき

今回 おかわり!! みたいな感じでするんるん

 

こうなればお腹いっぱいになってもらいましょーーーうるんるんるんるん

 

 



フーガ アンプ取り付け完了! 

画像 344.jpg

 

引き続きフーガの作業

トランクにあわせカーペット生地で仕上げたアンプラックを取り付け、

BOSSのアンプをセットしました手(チョキ)

さすがボス!!モノラルアンプ1800W っと表記されていますね。

1800Wって相当やで・・・わーい(嬉しい顔)

 

画像 337.jpg

 

とは言っても、十二分な低音が響き渡っていましたるんるん

鳴らしが終わるともっと鳴りそうな予感。

 

それにしても贅沢な社用車です・・・

ある意味、ノリノリの営業ができていいかもグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

 

みなさーーん!!

社用車、営業車にスピーカー、ウーハー取り付けしましょう手(チョキ)

こだわり!!フーガ ウーハー取り付け

画像 337.jpg

 

フーガのウーハー取り付け作業

昨日のBOXを車輌へセット!!

計算通り室内側に顔が出現!!

 

画像 336.jpg

 

アンプラックの土台をサイドに組みつけ

残すはパネルをセットするのみ!

 

っとその前に配線のワイヤリングを・・・

 

画像 338.jpg

 

ヘッドユニットを取り外し・・・

 

画像 340.jpg

 

リアシートもがっつり取り外しました手(チョキ)

これでワイヤリング作業もスムーズにできます。

 

画像 339.jpg

 

おっ!!すでにカオスバッテリーが搭載されている!!

電源強化されているのでAURIXの4Gケーブルも発揮されますねーーー!!

って直径約12mmほどあるバッテリーケーブル、室内側に入れ込むのに一苦労でしたあせあせ(飛び散る汗)

 

画像 342.jpg

 

今回、ヘッドユニットが純正マルチなので

スピーカーラインでアンプに入力させます。

おなじみのAURIXスピーカーケーブルも大活躍ぴかぴか(新しい)

ウーハーには一回り大き目のケーブルをセットぴかぴか(新しい)

 

これで血液(電流)の流れは文句なしですねわーい(嬉しい顔)

 

 

 

お手軽 って言ったものの結構こだわってるかもグッド(上向き矢印)るんるん