最新作業内容がメーカー別で閲覧できるようになりました。
NEW 最新作業内容がメーカー別で閲覧できるようになりました。

R35 GT-R 天井張り替え 内装張替

P1240124_R.JPG

 

R35の天井の張替が仕上がりましたねぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

王道なレッドブラックひらめき

激シブですわーい(嬉しい顔)

 

P1240126_R.JPG

 

もちろんブラックのステッチでオシャレ度アップですひらめき

あ〜〜〜早く組みたいダッシュ(走り出すさま)

天井 リアパネル デッドニング R35編

P1240112_R.JPG

 

R35の天井デッドニングです。

もうここまでバラすんやったら・・・っとオーナーさまわーい(嬉しい顔)

デッドニングと吸音もしっかりとやってください!とオーダー頂きました。

 

P1240113_R.JPG

 

天井はしっかりとダンピングマットを施工

天井との間に吸音材をしきつめていきます手(グー)

 

P1240114_R.JPG

 

そして、リアのエンドパネルとサイドパネルもしっかりデッドニング!

R35の定番作業になってきていますねわーい(嬉しい顔)

マフラーの音とリアホイールハウスからのロードノイズが格段に遮断できるのでおススメです!

 

P1240109_R.JPG

 

っと、その前にリアスピーカーの交換作業を進めまするんるん

 

P1240116_R.JPG

 

純正スピーカーをAS-soundsystemに加工し交換でするんるん

 

P1240120_R.JPG

 

表面パネル部分にスエード生地を貼り(今回はアウター加工するので)

BOXサイド部分もしっかりとデッドニングしました手(チョキ)

 

P12460115_R.JPG

P1240122_R.JPG

 

そして、リアパネルにがっつりダンピングマットを貼りつめ、組み込みぴかぴか(新しい)

GT−R自体が軽量されている設計なのですが、逆に重くしています(爆)わーい(嬉しい顔)

ですが、ですが、剛性がとんでもなくUPグッド(上向き矢印)

遮音も格段にできているので組み上げが楽しみですわーい(嬉しい顔)

アウタードアパネル加工 GT-R編 

P1240062_R.JPG

 

今回、ちょっとまたまたシブいドアパネルを作ろうかと思案していますわーい(嬉しい顔)

 

P1240071_R.JPG

 

この下半身の生地を剥がし・・・

 

P1240073_R.JPG

 

この部分をさっくりカットexclamation×2

 

P1240110_R.JPG

 

ミッド周りは純正のままで、このリア側にちょっくらアクリルにLEDを仕込もうかな〜っと

 

P1240111_R.JPG

 

アクリルをダブルで重ねて・・・

お楽しみにexclamation×2

スーパーデッドニング R35 GT-R編

P1240094_R.JPG

 

R35はもう完全に抜け殻になっています(笑)わーい(嬉しい顔)

元に戻せるかな・・・っとちょっと心配ですたらーっ(汗)

な~んてネッわーい(嬉しい顔) 笑

 

P1240095_R.JPG

 

バッフルも仕上がり、ドアにしっかりとセット完了!

そして、オーナーさまも楽しみにしているデッドニングの作業へ〜〜

まずはアウターパネルを全面張りし

 

P1240097_R.JPG

 

ビーム(骨格)部分にボンドを注入しアウターパネルと一体化させ剛性を高めます手(グー)

 

P1240098_R.JPG

 

そしてインナーパネルを念入りに〜わーい(嬉しい顔)

 

P1240099_R.JPG

 

もう今まで何台くらい施工したか、覚えていませんわーい(嬉しい顔)

でもさすが!(自分で言うな!)腕がしっかり覚えているのでGT−Rのドアはお任せくださいexclamation×2

 

P1240105_R.JPG

 

かなり剛性があがり、スピーカーにとっては最高なBOXになるので

ミッドは完全に100%発揮しますよるんるん

 

P1240106_R.JPG

 

当店自慢のAS sound-system 16cmセパレートスピーカーぴかぴか(新しい)

 

P1240107_R.JPG

 

見た目は純正っぽい作りですが、今までセットされたオーナーさま方からは絶賛の嵐でするんるん

 

P1240108_R.JPG

 

わ〜〜〜るんるんるんるんるんるん早く鳴らしたいな〜〜〜るんるんるんるんるんるん

って、鳴らせるのはまだまだ先なんで、今回の目玉企画!!アウタードアパネル製作に入っていきますわーい(嬉しい顔)

バッフル、鉄板加の重要性

P1240057_R.JPG

 

エアコンパネルを延長しているR35

と同時にドアの施工へ突入です手(チョキ)

 

P1240058_R.JPG

 

以前、某ショップでスピーカー交換とデッドニング施工をされていやのですが・・・

このザマですたらーっ(汗)

デッドニングは見事にサクッと剥がれ・・・

ミッド裏に10cm角だけ貼られていて・・・

鉄板は加工もされておらず、背圧のコントロールもできていませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

 

P1240061_R.JPG

 

そして、重要なインナーバッフル・・・あせあせ(飛び散る汗)

 

P1240060_R.JPG

 

固定部分が極端に薄く、見事に割れていましたたらーっ(汗)

なんでこんなことになるかな?と疑うくらいパカッとなっています。

 

P1240076_R.JPG

 

当社のバッフルは剛性よく仕上げております手(グー)

固定部分のバッフルは15mmMDFを使用

 

P1240077_R.JPG

 

もちろん防雨、防腐、制振処理のアロマテックスを塗り塗り〜

スピーカーの大事な大事な土台なので、しっかり仕上げます手(グー)

 

P1240089_R.JPG

 

そして、スピーカー、バッフルを100%発揮させるこの部分exclamation×2

スピーカー裏の背圧コントロールです。

一般の量販店や他店さんも嫌う作業・・・鉄板の加工です。

スピーカーの取付口径より鉄板の口径が小さい場合はこのようにカットしてあげることにより

背圧が負荷なく抜けますダッシュ(走り出すさま)

バッフルからお水を大量に流したと想定してください

カットしていないとどんな悪影響があるのか想像できるかと思いますわーい(嬉しい顔)

 

P1240078_R.JPG

 

スピーカー自体の良しあしもありますが、一番大事なのは

要は誰が取付するか・・・ということで・・・(照)