最新作業内容がメーカー別で閲覧できるようになりました。
NEW 最新作業内容がメーカー別で閲覧できるようになりました。

フーガ完成!スピーカー交換 デッドニング 

画像 240.jpg

 

インナーパネルを装着し、埋め込み加工したピラーもセット完了

 

画像 241.jpg

 

ブラックレザーで仕上げ純正ストック!!

パイオニアTS-D1720Cのツイーターも意外と格好いいぴかぴか(新しい)

なんかDLSのツイーターっぽい??

 

画像 244.jpg

 

ミッドもしっかりとセットされ

レスポンスよく鳴りそうでいい感じるんるん

 

っと、もう片側のミッドの取り付けへ・・・

ところが!!最後の最後で凡ミスふらふら

ここ3.4年なかったはずかしいミス・・・

やっぱり焦ったらダメダメですね・・・手(パー)

はずかしすぎて言えませんが・・・わーい(嬉しい顔)(オーナーさんにはお伝えしましたよ)

 

画像 245.jpg

 

無事、ミッドも取り付け完了し内張りもセット手(チョキ)

 

画像 246.jpg

 

純正マルチの内臓アンプ仕様ですが

デッドニングもバリバリ施工した甲斐がありしっかりとした中低音が響きわたり

高音もイヤミなくミッドとまとまって鳴っていました。

パイオニアTS-D1720Cちょっとナメてたかな・・・

思っていた以上の鳴りっぷりるんるん

オーナーさまも大満足ひらめき

これで楽しんで仕事できるわ!!と大喜びされていましたひらめき(ちなみにフーガ、オーナーさまの社用車です)

引き続き、ラルゴのカスタムを!!っと

またまたバットマンラルゴのユニット変え作業の依頼も頂きました。

 

ええ??この間変えたばっかりやのに・・・

またまた??

っと、リアスピーカーをロックフォードに交換し、統一したい!!とのこと

 

凄まじいこだわりっぷり!!

ラルゴがものすごく愛されているのがわかりましたわーい(嬉しい顔)

たまにはフーガも愛してあげてくださいねわーい(嬉しい顔)

 

 

 

 

 

 

これで勢ぞろい??

画像 237.jpg

 

オシャレなシルバー色のR35 GT-R

 

ブラック

 

ホワイト

 

ガンメタ

 

シルバー

 

これで各色揃いましたね手(チョキ)

 

あっ!!  がおれへんわっ!!

ツイーター ピラー埋め込み加工 フーガ編

画像 230.jpg

 

段取りよく下処理のパテを盛っていたフーガのピラー

昨日最終のパテ仕上げを行い

 

画像 231.jpg

 

本日、見事に成形完了ひらめき

スタンダードなミラー裏加工ですが、純正ストックにはもってこい!!の埋め込み方手(チョキ)

 

画像 234.jpg

 

レザーで仕上げればこの通り!!

最近ではヴァンガードやデュアリス・・・

そうそう!!R35GT-Rにも大人気のストック術ですねわーい(嬉しい顔)

 

生地も純正ドア内張りに合わせて違和感なく仕上げているので

純正風に仕上げたい方にはオススメの施工法でーーーす手(チョキ)

 

いよいよフーガも完成間近!!

楽しみですぴかぴか(新しい)

 

 

フーガ スピーカー交換 デッドニング作業

ココ最近立て続け・・・??

日産車の一部の車種にあるウインドウモーターがインナーパネルに一体されているドアパネルのデッドニング

 

画像 221.jpg

 

サービスホールがなく、アウターパネルをデッドニングするのに、モーターやレール

そして

窓ガラスを外さないといけないんです・・・

 

画像 219.jpg

 

レールからガラスを外し、落ちないようにガラスをキープします。

いっそのこと車輌ドアから一旦ガラスを抜いてもいんですが、

外す際にキズや負荷がかかって割れる恐れもあるので

頑丈に養生テープで固定します。不思議なくらいに頑丈にガラスが固定されています。

引っ張っても落ちないので安心してデッドニングができます。

 

画像 222.jpg

 

そして外されたインナーパネル

少々大変な作業ですが

 

画像 223.jpg

 

ここまですっきりすると作業もしやすいので逆にいいかもグッド(上向き矢印)

しかし

強度のなさが感じられるアウターパネルもうやだ〜(悲しい顔)

デッドニングをして!!っと言わんばかりのドアパネルですね

 

画像 224.jpg

 

今回もがっつり強化仕様

アウターパネルに合わせて、デッドニング材をカットし入念にヒートガンで貼り付けていきます。

隅から隅までしっかりデッドニング

 

画像 226.jpg

 

ビーム(補強骨)にも、ボンドを塗りこみ、剛性の高いドアに仕上げます。

上下2本とも強化するのでめっちゃ有利手(チョキ)

 

画像 225.jpg

 

反対側もしっかりと施工しドアは大変身!!

ボンドが乾けば強度のあるドアに仕上がりますねーーーるんるん

 

画像 227.jpg

 

バッフルも頑丈にボルトでがっちり固定

切削した鉄板部分にはサビ止めをし、ボンドでしっかり一体化させています。

これでスピーカーは発揮しまくり!!

 

しかし・・・なんて贅沢な社用車や・・・ひらめき

うらやましい・・・

 

大事な大事な室内空間ですもんねっわーい(嬉しい顔) よしっ としときましょかグッド(上向き矢印)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸が痛くなる鉄板加工

画像 220.jpg

 

はいっ!!きました!!

 

フーガのドア鉄板加工

鉄粉が飛び散らないようにドア内にマスキングし、勢いよくカットしていきます手(グー)

 

やっぱりこの切削音・・・何回聞いても胸が痛いもうやだ〜(悲しい顔)

車にキズをつけているみたいで・・・

 

って思いっきりキズつけてますわーい(嬉しい顔)

でもこの作業でスピーカーが激変するんやったら仕方ないかっ!