最新作業内容がメーカー別で閲覧できるようになりました。
NEW 最新作業内容がメーカー別で閲覧できるようになりました。

LS600hL レーダー取付 指定店モデル

LS600hL.jpg

 

 

こちら入庫した イカつい LS600hLクラブ

 

 

今回レーダーの取付、走行中のTV ナビ カットの作業でお預かりしました演劇演劇

 

 

LS600hL (2).jpg

 

 

やはり...デカイあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)  さすがロングボディー右斜め上右斜め上

 

 

レクサスの最高セダングッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)  すごーーーい威圧感あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

 

 

LS600hL (1).jpg

 

 

っと・・・ビビッてても仕方ないので、スイッチを切り替え容赦なくシバいていきます爆弾パンチ

(バラすってことです・・。ワラ)

 

 

LS600hL (3).jpg

 

 

ついでに地デジ ・ I Podの映像・音声も純正ユニットで聞けるように、リレーを組み込み仕上げていきます眼鏡

 

 

LS600hL (5).jpg

 

 

準調よく作業をすすみ、走行中も問題なくOKになりましたexclamation×2exclamation×2exclamation×2

 

 

LS600hL (4).jpg

 

 

レーダーも邪魔にならないとこにセットでき、

 

 

これで、スピード違反も・・・・・コラコラむかっ(怒り)むかっ(怒り) 笑

 

 

今回 セットしたレーダーは YUPITERU の指定店モデルひらめき

 

 

オート★ックスや、一般店には置いていない特別仕様モデルぴかぴか(新しい)

 

 

性能はもちろんグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印) 内容も充実なすぐれものレーダーでございやす.....位置情報位置情報

 

 

 

 

 

 

レクサスもコスト削減??

画像 244706.jpg

 

LSのスワッピング作業の続き・・・

 

外したヘッドユニットを見比べると(左がLS600h 右が北米仕様LS460)

 

外観は一緒るんるん

やりーーーーーーーーーーーーーーー手(チョキ)手(チョキ)

カプラーも同じ手(チョキ)手(チョキ)

 

ってことは・・・ボルトオンでいける!!

 

ってなわけで、早速セット

 

日本のラジオも受信し、文句ない仕上がりわーい(嬉しい顔)

 

なんですが・・・  一個問題・・・が浮上

 

画像 244707.jpg

 

このウッド仕様・・・

 

北米限定のウッドカラー

日本仕様のヘッドユニットを手にいれたところで、ウッドが合わないんですもうやだ〜(悲しい顔)

 

ってことはホンマに化粧部分のみをスワップ

基盤本体はJAPAN仕様 フェイス部分は北米 仕様にしていきます。

 

画像 244713.jpg

 

そのまま現状、この600hのヘッドユニットでフェイススワップをさせてもよかったんですが・・・

 

LS460 をたてると、この人(LS600h)の立場がない・・・

大切な人(両方の車輌)だから・・・・

 

どっちみち板ばさみ・・・もうやだ〜(悲しい顔)

 

ってなわけで、LS460オーナーには、純正パーツとして購入してもらうことをお勧めしましたわーい(嬉しい顔)

 

全然OK っと手(チョキ)  なんなら結果が先にわかったのでありがとうございました!!っと

 

で、レクサスにヘッドユニットの値段を問い合わせした結果・・・

 

 

なんと

 

 

定価 274050 円 exclamation×2

 

 

マジ??

 

しかも定価売り・・・もうやだ〜(悲しい顔)

 

CDデッキだけやで・・・

 

えぐい・・・えぐすぎる・・・もうやだ〜(悲しい顔)

 

 

 

W レクサス LS 並行純正マルチ スワッピング

画像 244701.jpg

 

本日、朝からLSの純正マルチ スワップ作業・・・ダッシュ(走り出すさま)

 

600h(ハイブリッド) と 460 ですが・・・

 

画像 244702.jpg

 

この460 じつは・・・

 

画像 244703.jpg

 

左ハンひらめき 逆輸入仕様の北米仕様ぴかぴか(新しい)

 

ちゅーーーーことは・・・グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

 

画像 244704.jpg

 

そうなんです!!

 

ナビ、エアコン、ラジオ etc・・・ が北米仕様もうやだ〜(悲しい顔)

 

なんとか、ナビは日本仕様に書き換えできたのですが、エアコン、ラジオはどうにもならず・・・

まぁーーまぁーーエアコンは良しとしましょ・・・

表示部分が華氏表示になっているだけなので・・・

 

っと問題はラジオるんるん

 

ってなわけで、登場したのがこの LS600hの純正マルチ

 

画像 244705.jpg

 

そう!!

 

スワッピングです!!

みんなの好きなスワップです黒ハート黒ハート

 

でも、ダッシュ形状が違うのでどうか・・・バッド(下向き矢印)ふらふら

 

とりあえず やってみるかっどんっ(衝撃)

 

GS430 レクサス アリスト DLSシステム

○逆輸入GS430 アリストにBIG-X○


画像 858

希少 アリスト左ハンドル GS430 レクサス

逆輸入仕様で、ナビゲーションは ワシントンで止まったまま

今回は、マルチシステム移植 アルパインBIG-Xナビ取り付け

DLS システムです。


画像 740

純正っぽくパネルを製作

アルパイン BIG−X 8インチナビ 加工取り付け!!

純正マルチは・・・


画像 697

センターコンソールに移植

エアコンも操作可能!!

配線の延長作業 とてつもなく大変・・・

画像 854

シートは、オリジナルで張替え

新たなデザインで、リニューアル!!

画像 853

ドアも張替え 上下ツートン仕様

画像 861

フロントスピーカーはDLS MS5A 13cmセパレートスピーカー

アウターバッフルで、ドア下半身作り変えています!!

純正のラインをキープし、違和感なく仕上げています。

画像 996

ドアもスーパーデッドニング

DLSのダンピングマットを使用しています。


画像 860

ツイーターもピラーに埋め込み、シート張替えに揃え、ベージュのレザーで仕上ています。

画像 869

トランクには、DLS CA23 2chアンプに、25cmウーハー W310Dを2発

規定容量でBOXを製作、キレのある上品な低音を実現!!


画像 864

LEDとアクリルで、魅せる演出もしています。

画像 867

室内に音が入り込むように、リアトレイも加工しています!

画像 863

ヘッドレストに7インチモニターを埋め込み、セット!

これだけじゃーさみしいと・・・

画像 862

ドアにも2.5インチモニターも埋め込みました!!

サウンド、ビジュアルを両立させたレクサスGS430

パッとみるとアリストにみえますが・・・実は左ハン!!


本物レクサスですよーーー!!

レクサス LS600h DLS システム

○レクサス プレミアム オーディオシステム○



画像 247


画像 252

レクサス LS600h 最高級ハイブリッドカー


画像 003

ホイールは WORK EQIUP 22インチ!!

特別色 ブロンズリムです。



AS−DESIGNはカスタムホイールも取り扱っています!!



画像 133


今回 セットアップしたオーディオシステム


ド迫力あるトランクオーディオ


アンプは DLS RA50 5chアンプに

ウーハーも DLS W310D 25cmウーハー

BOXは容量を確保し、底へ・・・


ウーハーは背もたれ奥にセットしたかったのですが、ハイブリッドのバッテリー等が


ある為、奥行きがとれず・・・アンプ、プロセッサーをセット


BOXを規定容量で製作しているので、ちゃんと室内に低音は入っていきます!!



画像 140

アクリルの裏には、5chアンプ RA50 をセット


マルチシステムで駆動しています。



その調整プロセッサーが



画像 139


この オーディソン Bit one ビットワン


PCできめ細かなセッティングをしています。


画像 215

この通り!!



画像 143

サブウーハー W310D LEDも間接的にセット


コストパフォーマンスに優れている人気ウーハーです。



画像 138


画像 137


で 当店自慢の アクリルワーク


レーザー加工です。エッチング(アクリルの彫り加工)仕様です


側面からLEDをセットし、文字部分を光らせています



DLS のロゴとAS−DESIGNのアドレスが幻想的に光っています


画像 135


画像 134


魅せるトランクオーディオ



画像 142


底のパネルのブラックアクリルもいい感じ!


側面のアクリルが写って目立ってますねーーー



画像 121


画像 123


フロントスピーカーは13cmセパレート

DLS ノベリウム5,2 


ハイエンドスピーカー


中高域の伸びは凄まじいです!!



LEDリングもセットして、高級感たっぷりの仕上げ



アルカンタラのアウターも純正っぽくしています。



画像 124

大人なオーディオでしょ??


画像 200


画像 199


ピラーも純正の生地を再利用し、違和感無くセット!!


一番 目 につく部分なんで、気合を入れて製作しています。


ツイーターの角度も計算済みですよ!!


画像 127


でも・・・



今回の1番のオススメポイントは、この純正マルチで駆動できるシステムです


別で、ヘッドユニットを構築するやり方も あり ですが、


ヘッドユニットが2つもあると扱いにくいでしょ??


ややこしいったらありゃしない!!



純正マルチのヘッドユニットでハイエンドなサウンドが手に入ります


その可能にするのが、


先ほど紹介した オーディソンのプロセッサーなんです


画像 139


これさえあれば、純正マルチで、アンプの構築が出来ちゃいます!!


純正デッキでも いい音 が聞けちゃいますよーーー