スーパーデッドニング施工 ドア強化 防音対策

P1270793_R.JPG

 

シビックのスーパーデッドニング施工の続き〜

インナーパネルを全面貼りし、ビーム部分も強化し

室内側のインナーパネルを全面貼りしていきます手(チョキ)

 

P1270791_R.JPG

 

デッドニングも色々な施工がありますわーい(嬉しい顔)

スピーカー裏に手のひらサイズのマットだけを貼り

サービスホール部分だけを塞いで、デッドニング!っというお店さんもあれば

 

P1270792_R.JPG

 

小さくカットしたマットをポイント、ポイントで貼り

サービスホールをアルミシートで塞いで、デッドニング!

などお店さんによって施工方法がことなります。

なにが悪くて、なにがいいのか?っという質問にはお答えできませんがわーい(嬉しい顔)

 

P1270794_R.JPG

 

当社は、ドアをスピーカーが100%発揮させれるBOXに変え、なおかつ

ドア全体の剛性を驚異的にUPさせることを追求し、現状の施工方法にたどり着きました手(チョキ)

 

大きな太鼓を創造してみてください。

どこか一部に大きな穴が開き、補修する材質が紙みたいなペラペラな材質を破れた部分だけに貼る補修と

頑丈な材質を全体に密着させ覆う補修方法と・・・

ドア鉄板は共振が、つきものです。

スポット的に強化しても、全体貼りにはかないません。

鉄板も1枚の鉄板をプレスさせ、異形なパネルに仕上がっているので

当然、凸凹により鉄板の厚みも異なりますよねグッド(上向き矢印)

っと、ここまでですわーい(嬉しい顔)

もうお分かりになられる方は・・・(笑)

 

そうこうしているうちにシビックも完成ですわーい(嬉しい顔)

ドア4枚のスーパーデッドニングで、密閉感が半端ないでするんるん

スーパーデッドニング施工 シビック・タイプR

P1270795_R.JPG

 

前回、リアドアのスピーカー交換、スーパーデッドニング施工をおえたタイプR

リアドアの作業を終えたと同時にオーナーさまからご連絡があり、

フロントドアのデッドニングも〜〜っと(笑)

 

P1270777_R.JPG

 

以前にスピーカーを交換して頂いていたので、

てっきりスーパーデッドニング施工済みかと(笑)

そ〜いえば、ステップアップを楽しみますわーい(嬉しい顔)っとおっしゃってましたね(笑)

 

P1270782_R.JPG

 

っと早速、デッドニング開始手(チョキ)

 

P1270781_R.JPG

P1270783_R.JPG

 

リア同様、スーパーデッドニング仕様なのでアウターパネルは全面貼りし

ビーム部分も完全強化手(グー)

 

P1270784_R.JPG

 

バッフルは、仕上がっているのでこのままインナーパネルの施工へ突入していきます手(グー)

先にリアドアってわーい(嬉しい顔)順番が逆でしたわーい(嬉しい顔)

スーパーデッドニング施工 シビック タイプR編

P1270776_R.JPG

 

スピーカー交換中のシビック・タイプR

 

P1270774_R.JPG

P1270775_R.JPG

 

もちろんデッドニング施工も!!っとオーダー頂いていたので、

フロント同様、スーパーデッドニング仕様へわーい(嬉しい顔)

 

P1270773_R.JPG

 

リアもしっかりとビーム部分にボンドを注入し、

アウターパネルと一体させ剛性を高めています!

 

P1270786_R.JPG

 

バッフルも乾燥し、ミッドをドアへセットるんるん

R35からの引継ぎました(笑)

 

P1270787_R.JPG

 

R35も全然乗っていないんです〜〜っとオーナーさまわーい(嬉しい顔)

マイチェン前のミッドだったんですが、めちゃくちゃ綺麗でしたねひらめき

 

P1270789_R.JPG

P1270788_R.JPG

 

インナーパネルもスーパーデッドニング仕様に全面張り手(チョキ)

もう完全にホンダ車のドアではなくなっています(笑)

閉まり方が、もはや別の高級車にわーい(嬉しい顔)

 

P1270790_R.JPG

 

内貼りをセットすると、まったくの純正!

ですが、中身は強化されたドアBOXに変身していますわーい(嬉しい顔)

 

っと、ここでオーナーさまからご連絡が・・・

社長〜〜〜〜フロントドアも〜〜〜

 

はいexclamation&question (笑)

 

シビック タイプR スピーカー交換 スーパーデッドニング施工

P1270762_R.JPG

 

またまたタイプRちゃんが入庫ぴかぴか(新しい)

以前にナビ、当社オリジナルスピーカーとセットさせていただいた車輌で・・・

しかもexclamation×2 先日、長期入院していたキャンディーレッドGT-Rのオーナーさま(笑)

 

P1270763_R.JPG

 

今回は、R35から取り外ししたフロントミッドをこのタイプRのリアスピーカーへ〜

っと、取付でお預かりさせて頂きましたわーい(嬉しい顔)

先日R35には最高級Sクラスのミッドをセットしたので、今回セカンドカーにはスタンダードクラスへ(笑)

 

P1270764_R.JPG

P1270766_R.JPG

 

っと、早速リアドアパネルを取り外すと純正ミッドが出現ダッシュ(走り出すさま)

予想を裏切らず、想像していたチープな純正ミッド(笑)

 

P1270770_R.JPG

 

もちろんドア鉄板も、ホンダ車あるあるの要加工のいつものパターンわーい(嬉しい顔)

 

P1270771_R.JPG

 

躊躇なくカットし、バッフルを製作していきます。

背圧のコントロール以前に、ミッドのマグネットが当たってセットできませんねわーい(嬉しい顔)

これで、背圧、奥行きと問題なくOK手(チョキ)

 

P1270768_R.JPG

 

バッフルもしっかり、防腐、防雨対策処理手(グー)

 

P1270772_R.JPG

 

乾燥タイム中にデッドニングの作業へ突入していきま〜す手(チョキ)

フィット ドライブレコーダー取付 

P1270449_R.JPG

 

ゲートブーツとの戦いどんっ(衝撃)

勝利しました(笑)わーい(嬉しい顔)

 

P1270451_R.JPG

 

これで後方も録画できますね手(チョキ)

って、オーナーさん・・・

フロントのナビ連動のドラレコ、潰れてますやんダッシュ(走り出すさま)

 

P1270450_R.JPG

 

そうなんです・・・たらーっ(汗)前から消えたり・・・付いたりで・・・

っとオーナーさまたらーっ(汗)

 

それ、先に前からですやんexclamation×2

っと、次はフロントのドラレコ取付へ・・・(笑)